1. いつものお酒に“ちょい足し”!バーベキューにおすすめのカクテル

BBQの楽しみ方

いつものお酒に“ちょい足し”!バーベキューにおすすめのカクテル

2017.06.20 Tue

1-1

バーベキューといえば、たくさんのお肉に野菜。そして、お酒好きが人なら、一緒にお酒も欠かせません。バーベキューで定番のお酒といえば、やはりビール!その他、最近ではハイボールやワインなども人気です。



しかし、せっかくなら、いつものお酒に“ちょい足し”で作れるカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか?そこで今回は、誰でも簡単に作れるカクテルをレシピと共にご紹介します。



バーベキューの定番!「ビール」で作るカクテル



1-2

■シャンディ・ガフ(ビール+ジンジャーエール)
居酒屋などでも目にする「シャンディ・ガフ」は、ビールにジンジャーエールを加えるだけで作ることができます。飲みやすいため「ビールは苦手だけど、シャンディ・ガフは好き」というファンも多いカクテルです。ジンジャーエールを生姜の強いものにすれば、ちょっぴり大人の味わいに。



■レッド・アイ(ビール+トマトジュース)
ビールにトマトジュースを加えれば、赤くきれいな「レッド・アイ」のできあがり。トマトに含まれる「リコピン」を摂れば「二日酔いになりにくい」ともいわれ、通常のビールと比べて健康度が高いことも特徴です。そのままでも美味しいですが、タバスコやコショウを少し加えると、スパイシーで刺激的な味を楽しむことができます。




ちょっとおしゃれに!「ワイン」や「シャンパン」で作るカクテル


1-3

■カリモーチョ(赤ワイン+コーラ)
炭酸飲料の定番「コーラ」と赤ワインの組合せ。赤ワインに炭酸と甘みが加わり、スッキリと飲みやすいカクテルになります。もともと「お肉によく合う」といわれる赤ワインがベースのカクテルなので、バーベキューにもピッタリです。もし、糖分が気になるのでれば、カロリーオフなどのコーラを使うと良いでしょう。



■ミモザ(シャンパン+オレンジジュース)
お祝いの席でよく飲まれるシャンパン。家族や友達、同僚の誕生日にバーベキューをするなら、シャンパンを持参してみましょう。このシャンパンにオレンジジュースを加えると、フルーティーな味わいのカクテルになります。シャンパンは、スパークリングワインでも代用可能。ただ、オレンジジュースは、できれば100%ジュースを使いましょう。




大勢が集まるバーベキューで“ちょい足し”カクテルが大活躍



バーベキューでよく用意されるお酒に、ジュースなどを加える“ちょい足し”カクテル。今回は、それぞれ単体でも美味しい飲み物を選びました。そのため「お酒は苦手」「お酒はそのまま飲みたい」という人たちが、一緒にシェアしながら飲むことができるでしょう。また、「同じお酒ばかりで飽きてきた」といった場合に、持ち合わせの飲み物で違う味を楽しめるのも大きなメリットです。



なお、いずれのカクテルも、組み合わせの比率によって味が変わります。甘みを強めたり、アルコールを弱くしたり。同じ飲み物でも人によって細かく調整しながら飲める点は、大勢が集まるバーベキューにおいて嬉しいポイントではないでしょうか。



みんなで好きな飲み物を持ち寄り、その場で新しい組合せを試してみるのも面白いですね。自分好みのカクテルを見つけながら、バーベキューをさらに楽しんでください。





筆者:三河賢文/アウトドアライター



三河賢文さん

2005年、大学在学中にライター活動を開始。現在はナレッジ・リンクス(株)を経営しつつ、“走る”フリーライターとしてスポーツ・アウトドア領域を中心に取材・執筆・編集などを手がける。

趣味で登山やトレイルランニングを行うほか、休日には家族とのアウトドアアクティビティやバーベキューも。

また、自然資源を活用した地方創生にも関わる。


■HP:http://www.run-writer.com/

よく読まれている記事

  • 大阪市内ならどこでも送料無料

    その他の配達エリアはこちら

  • 事前にチェック!週間天気予報
  • facebook
  • 一緒に働く仲間を募集しています
  • BBQらぼコラム
  • SUPER GT GT3000 オフィシャルスポンサー

ページの先頭へ