1. バーベキューに最適!汗で崩れにくいメイク術

バーベキューに最適!汗で崩れにくいメイク術

2017.05.30 Tue

1-1

本格的な春を迎え、アウトドアシーズン到来!関西の公園や河川敷でも、バーベキューの光景が見られるようになりました。ただ、これからますます気温が上がるため、女性として気になるのが汗や皮脂によるメイク崩れ。いちいち小まめにメイクを直さないといけないとなると、バーベキューに参加するのが面倒になってしまうかもしれませんね。



そこで今回はバーベキューに最適な「汗で崩れにくいメイク術」をご紹介します。



「汗や皮脂に強い」化粧品を選び、メイク前のスキンケアを見直す



1-2

崩れにくいメイクをするためには、第一に「汗や皮脂に強い」と表記されている化粧品を選ぶことが肝心です。これらには、汗や皮脂を吸収してメイクの持ちをよくしたり、汗をはじいたりする効果があります。



また、メイク前のスキンケアも見直してみましょう。保湿をきっちりしておくことは大切ですが、気温が高い季節では、こっくりしたクリームなど油分が多めのものは、メイク前には避けてください。汗や皮脂崩れの原因になってしまいます。マスカラやアイライナーも汗や皮脂に強いタイプのものを使うようにしてください。



ファンデーションはパウダリータイプを。汗で崩れにくいメイクのコツ




1-3

では、具体的にどんなことに気を付けてメイクをすればよいでしょうか。



まず、スキンケアとして、化粧水や乳液できちんと保湿し、紫外線対策も忘れずに。長時間の野外活動にも耐えられるよう、SPF値50以上、PA値+++以上の日焼け止めを塗っておきましょう。



次に、化粧下地は汗や皮脂に強いタイプのものを選んでください。ファンデーションは、粉体が皮脂や汗を吸収してくれるので、パウダリータイプがおすすめです。また、メイクが崩れやすいおでこや小鼻の周りなどにだけ、皮脂を押さえてくれる部分用下地を塗っておくと、サラサラ状態をキープしてくれますよ。万が一崩れても汚くならないように、おでこや小鼻周りのファンデーションは、他の部分より少なめに塗っておいてください。



なお、リキッドタイプのファンデーションを使用する場合は、ファンデーションをお顔全体に伸ばしてから、何もついていないスポンジで、ポンポンと軽くたたくようにパッティングしておきましょう。ファンデーションがお肌にぴったりと密着し、さらにスポンジが余分な油分も吸着してくれるので化粧持ちがよくなります。さらに、サラサラ感を持続させるためにフェイスパウダーもはたいておいてください。ただ、つけすぎると粉っぽく厚化粧な印象になってしまいますので、あくまでも透明感を損なわない程度にとどめておきましょう。



ベースメイクの最後には、水スプレーをお顔全体にシュッとひと吹きしておくと、水が蒸発するときにピタッとファンデーションが密着して崩れにくいベースが完成します。ポイントメイクで気を付ける点としては、アイメイクを濃くしすぎないようにし、マスカラやアイライナーはウォ―タープルーフタイプのものを使用してください。描いた眉毛が汗で消えてしまわないようコーティングする「眉毛コート」は100円ショップなどで手に入りますので、塗っておくと持ちがよくなり安心です。




少しの工夫でメイク崩れを防ぐことができる!



このように、少しの工夫でメイク崩れを防ぐことができます。なお、火のそばでの作業中など、暑くて汗が止まらないときは、首筋や脇に保冷材などをあてて冷やすと汗が落ち着きます。凍らせたタオルや保冷材を持って行っておくとよいでしょう。



気持ちのよい青空の下で、思う存分、バーベキューを楽しんでくださいね!




筆者:尾崎純子/ヘアメイクアップアーティスト


尾崎純子さん

Beauty Studio.Lotus~Lotus(ビューティースタジオ ロータスロータス)代表

兵庫県西宮市にサロンを構え、ヘアメイクアップアーティストとして活動。

メイクレッスンも行っており、「自信がついて人生が変わった」「実年齢より若く見られるようになった」と幅広い年代の女性に好評。また、テレビや情報誌でのメイクアップレクチャーなどにも出演し、各地で活動の場を広げている。

■HP:http://www.lotus-lotus2006.com


よく読まれている記事

  • 大阪市内ならどこでも送料無料

    その他の配達エリアはこちら

  • 事前にチェック!週間天気予報
  • facebook
  • 一緒に働く仲間を募集しています
  • BBQらぼコラム
  • SUPER GT GT3000 オフィシャルスポンサー

ページの先頭へ